我が家の相続計画!【かすかべ相続支援センター】

相続、相続財産、相続欠格、相続放棄、限定承認等のことなら、埼玉県春日部市のよこやま行政書士事務所にご相談下さい。

よこやま行政書士事務所・埼玉県行政書士会・春日部支部所属・こしがやii(あいあい)ネット加盟・「市民の相続を考える会」事務局・かすかべ車庫証明センター・春日部支部無料相談員・文化庁登録著作権相談員・埼玉県行政書士会推薦出張封印取扱行政書士お問い合わせ電話番号・048-711-2801、営業時間:9:00〜18:00(日曜/祝日は休業、土曜日は予約制)埼玉県マスコット「コバトン」
 
かすかべ相続支援センター
総合離婚支援センター
かすかべ車庫証明センター
建設業許可取得センター
経営事項審査(経審)相談室
クーリング・オフセンター
介護福祉タクシー開業「?相談室」
農業法人設立「?相談室」
ペットビジネス開業「?相談室」
軽貨物運送開業「?相談室」
古物商販売開業「?相談室」
かすかべマイホーム「?相談室」
合同会社設立「?相談室」
職場トラブルレスQ隊
VISA  SUPPORT CLUB
敷金争奪バトル!
空き家管理プログラム
家賃管理プログラム
標準報酬額表
サイトマップ
事務所案内
お問い合わせ

  • そろそろ相続について考えてみないとな…
  • 遺産争いで「争続」だって!?
  • 遺言で遺族を困らせない…か
  • 一度相談して見ようかな
  • 任せて安心、地域に根ざした信頼できるサービスの提供を。


SAVE THE EARTH



 
  • 相続はみんなに関わることだから
  • 相続手続きって難しそうみたいだし…
  • 家族に面倒かけたくないし…
  • 遺言は大切なメッセージ。心に残る「相続」のお手伝い。
  • 相続手続きのプロフェッショナルがここにいます。

我が家の相続計画!
FRONT > かすかべ相続支援センター > 我が家の相続計画!

※スマートフォンでご覧になる場合、一部改行がズレていたり、また読みにくい箇所がある場合がございます。

■相続・遺言業務取り扱い対応エリア(遺言書の達人)
※その他の埼玉県内各市町村にも対応しております。

相続計画

相続とは、被相続人(相続される人)が死亡した場合に、その者の法律関係が相続人(相続する人)に包括的に移転することをいいます。ここでは、相続の開始原因、誰が相続人となるか、相続財産の分配率、相続の承認と放棄等についてご説明いたします。

相続の開始原因 (死亡擬制・失踪宣告)

一般に相続は、被相続人の死亡または失踪宣告による死亡擬制によって開始されます
失踪宣告とは、民法30条に規定してあり行方不明の人が一定の年月を経過しても生死不明の時に、家庭裁判所への申立により行方不明者を死亡したものとして認めてもらう制度です。
これにより、失踪者の不安定な財産関係は、相続を開始させることによって新しく確定させることができます。
失踪宣告には2種類あり普通失踪と特別失踪といいます。
普通失踪 不在者の生死が7年間わからないとき
特別失踪 戦争や船の難波その他地震、洪水などの危難が終わってから1年間生死不明のとき
普通失踪では7年間経った時に死亡したものとみなし、相続が開始されます。
特別失踪では危難が去ったときに死亡したものとみなし、相続はその時点で開始します。

 

相続人の範囲と順位

相続人となりうるのは、子・孫などの直系卑属と父母(祖父母)などの直系尊属および被相続人の兄弟姉妹とその子(被相続人の甥姪)です。
被相続人の配偶者は常に相続人となります。

順位は以下のようになります。
第一順位 被相続人の子(代襲相続であれば孫)
第二順位 被相続人の父母(両方いなければ祖父母)
第三順位 被相続人の兄弟姉妹(代襲であれば甥姪)
配 偶 者 常に第一順位として相続人となる
親切、丁寧で良かったワイ
※代襲相続とは、相続人となるべき者が相続欠格・相続開始以前に既に死亡するなどして相続権を失っているときにその直系卑属が相続人となることです。

 

相続財産の配分割合

相続人となりうるのは、子・孫などの直系卑属と父母(祖父母)などの直系尊属および被相続人の兄弟姉妹とその子(被相続人の甥姪)です。

被相続人の配偶者は常に相続人となります。
相続人 相続財産の全て
子または孫のみ 子または孫(代襲者)が相続
父母または祖父母のみ 父母又は祖父母が相続
兄弟姉妹または甥姪のみ 兄弟姉妹または甥姪が相続
配偶者と子または孫 配偶者と子または孫(代襲者)が2分の1ずつ相続
配偶者と父母または祖父母 配偶者が3分の2、父母または祖父母が3分の1
配偶者と兄弟姉妹または甥姪 配偶者が4分の3、兄弟姉妹または甥姪が4分の1

※子どもが相続人の場合非嫡出子(配偶者以外との間にできた子)は嫡出子(配偶者との間の子)
の2分の1の相続割合になります。また兄弟姉妹が相続人の時は異父母との間の兄弟は同父母の間の兄弟の2分の1のなります。

 
相続欠格と廃除 (相続人になれない・相続できないケース)
相続について、一定の非行をはたらいた者の相続権を否定すること。
相続欠格事由に該当する者は法律上なんらの手続きをしなくても、当然に相続人となれません。

■相続欠格事由は以下のとおりです(民法891条)
故意に被相続人又は先順位もしくは同順位にある者を死亡させた者。
また死亡させようとして刑に処せられた者。
被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者。
詐欺または強迫によって、被相続人の遺言の作成、取り消し、変更を妨げた者。
詐欺または強迫によって、被相続人に相続に関する遺言を作成、取り消し、変更をさせた者。
被相続人の相続に関する遺言書を偽造し、変造し、破棄し、または隠匿した者。

相続人の廃除(民法892条)
遺留分を有する推定相続人が、被相続人に対して虐待をしたり、重大な侮辱を与えた時、
または推定相続人に著しい非行があったときは、被相続人はその推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる。


  • 相続ってなんだろう?
  • 遺言ってなんだろう?
  • 本やインターネットで調べてもよくわからんのう…
  • 今日はもうおそいから明日、専門家に相談しようか。

 
相続の承認と放棄
相続人は自己の為に相続が発生したことを知った時、相続人はその日から3ヶ月以内(熟慮期間)に単純承認か限定承認若しくは相続の放棄をすることができる。

1)単純承認
相続人が被相続人の権利義務を無限に承継することです。(資産も債務もまとめて相続する)
相続人が以下のような行為をすると単純承認したものと扱われます。
相続人が、相続財産の一部または全部を処分した時。
相続人が、3ヶ月の熟慮期間内に限定承認または相続の放棄をしなかった時。
相続人が、限定承認や放棄をしたあとでも相続財産を隠匿したり私的に消費するなどした時。

2)限定承認
相続人は、被相続人の債務および遺贈の弁済を相続財産の範囲内でのみなすという条件をつけて相続すること。
被相続人の債務額が不明の時に使われることが多いです。
限定承認は相続人全員で(放棄したものを除く)しなければなりません。

3)相続放棄
相続人は、明らかに自己に不利になると思われる相続を放棄することができます。
この場合家庭裁判所に放棄する旨を申述しますが、放棄すると初めから相続しなかったものと見なされます。
この撤回は原則としてできません。

4)相続の期限
期限のある手続きの種類は以下の通りです。
項 目 死亡後
死亡届け(死体埋葬許可申請書の提出) 7日以内
住民票異動届け(世帯主の死亡時のみ) 14日以内
相続放棄または限定承認の決定 3ヶ月以内
準確定申告の届け出(被相続人の死亡時までの所得の申告) 4ヶ月以内
相続税の申告(相続税がかかる場合のみ) 10ヶ月以内
葬祭費・埋葬料の受給手続き 2年以内
高額医療費の支払い請求 2年以内
死亡保険金の請求 3年程度が多い


■春日部市を中心に埼玉県内全域をカバー!!■
↓相続手続きのご相談は、こちらからお願いします。↓
埼玉県マスコット「コバトン」
相続についてのご相談はこちらをクリック!

TEL:048-711-2801、営業時間:9:00〜18:00(親切対応)、(日曜/祝日は休業、土曜日は予約制)




当事務所は、次のような業務を取り扱っております。○ 相続関連業務□遺産分割協議書の作成□公正証書遺言の作成□相続関係説明図の作成□相続手続に関する調査○ 離婚関連業務□離婚協議書の作成□示談書の作成□内容証明郵便の作成□離婚手続に関する作成○自動車関連業務□車庫証明申請□自動車登録申請□出張封印事務□軽貨物事業開始届○建設業許可関連業務□建設業許可申請□事業年度終了報告□経営事項審査□建設業廃業届
 
Copyright(C) 2004 -2016よこやま行政書士事務所 All-Rights-Reserved