資格外活動許可申請、再入国許可申請、就労資格証明の取得をお考えの方は、よこやま行政書士事務所にご相談下さい。

よこやま行政書士事務所・埼玉県行政書士会・春日部支部所属・こしがやii(あいあい)ネット加盟・「市民の相続を考える会」事務局・かすかべ車庫証明センター・春日部支部無料相談員・文化庁登録著作権相談員・埼玉県行政書士会推薦出張封印取扱行政書士お問い合わせ電話番号・048-711-2801、営業時間:9:00〜18:00(日曜/祝日は休業、土曜日は予約制)埼玉県マスコット「コバトン」
 
かすかべ相続支援センター
総合離婚支援センター
かすかべ車庫証明センター
建設業許可取得センター
自動車運転代行開業への道
経営事項審査(経審)相談室
クーリング・オフセンター
介護福祉タクシー開業「?相談室」
農業法人設立「?相談室」
ペットビジネス開業「?相談室」
軽貨物運送開業「?相談室」
古物商販売開業「?相談室」
かすかべマイホーム「?相談室」
合同会社設立「?相談室」
職場トラブルレスQ隊
VISA  SUPPORT CLUB
敷金争奪バトル!
空き家管理プログラム
家賃管理プログラム
標準報酬額表
サイトマップ
事務所案内
お問い合わせ


  快適な滞在をしっかりサポート!
資格外活動・就労資格・再入国について
FRONT > VISA SUPPORT CLUB > 資格外活動・就労資格・再入国について

※スマートフォンでご覧になる場合、一部改行がズレていたり、また読みにくい箇所がある場合がございます。


■埼玉県の帰化申請業務取り扱い対応エリア

資格外活動許可申請
日本に在留する外国人が本来の在留目的の活動を変更して別の在留資格に属する活動を行おうとする場合には在留資格の変更の許可を受ける必要です。
また、当初の在留目的の活動を行いつつ、その傍らその本来の活動の遂行を阻害しない範囲内で他の収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行おうとする場合は、資格外活動許可を受けなければなりません。
資格外活動許可申請
なお、許可された活動の内容は,雇用主である企業等の名称も含めて許可時に交付される資格外活動許可書に記載されます。

ただし、在留資格「留学」又は「就学」をもって在留する外国人は、活動の内容や場所を特定することなく資格外活動を行うことができる包括的許可を受けられます。
この申請は原則として、教育機関の「副申書」を添えて行って下さい。
なお、この包括的許可についても以下のような活動時間や活動場所等についての制限があります。
■活動時間の上限
留学生(専ら聴講による研究生又は聴講生を除く)
1週について28時間以内(教育機関の長期休業期間にあっては,1日につき8時間以内)の収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動
専ら聴講による研究生又は聴講生
1週について14時間以内(教育機関の長期休業期間にあっては,1日につき8時間以内)の収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動
就学生
1日について4時間以内の収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動


就労場所は風俗営業または、風俗営業に関連する店舗・場所では働けません。

申請には、手数料はかかりません。
許可されるまで概ね2週間〜2ヶ月程の期間が必要です。

就労資格証明
就労資格証明書とは、入管法の規定上就労することができる在留資格を有していることやまた、特定の職種に就くことができることを証明する文書で法務大臣が発給するものです。この就労資格証明書の交付申請は任意のものであり、就労する外国人は必ずこの証明書が必要というわけではありません。就労する外国人と雇用主にとって次のようなメリットがあります。

2つのメリット
外国人は就労資格証明書を提示することにより、在留資格や在留活動の内容を証明することができるので、就職活動ができやすくなります。
雇用主は、就労資格証明書によって就労できる在留資格を有している外国人か否かを識別できるので不法就労者の雇用を回避することが可能です。

※就労資格証明書は、申請すれば即日交付されます。
交付手数料は、680円(収入印紙)です。


再入国許可
再入国許可とは、我が国に在留する外国人が一時的に出国し再び日本に入国する際に、入国・上陸手続を簡略化するために法務大臣が出国に先立って与える許可です。
日本に在留する外国人が再入国許可を受けずに出国した場合には,その外国人が有していた在留資格及び在留期間は消滅してしまいます。
そのため、再び日本に入国しようとする場合には、その入国に先立って新たに査証を取得した上で、上陸申請を行い上陸審査手続を経て上陸許可を受けることとなります。

再入国許可には、1回限り(single)数次(multipul)の2種類があります。
multipulの許可を受けてあれば、在留期限まで何回でも出入り自由です。
再入国許可は、出国前に取ることが必要です。
申請すれば、その日のうちに許可がおります。

↓資格外活動・就労資格・再入国についてのご相談は、こちらからお願いします。↓

お問合せはこちらまで


TEL:048-711-2801、営業時間:9:00〜18:00(親切対応)、(日曜/祝日は休業、土曜日は予約制)埼玉県マスコット「コバトン」



当事務所は、次のような業務を取り扱っております。○ 相続関連業務□遺産分割協議書の作成□公正証書遺言の作成□相続関係説明図の作成□相続手続に関する調査○ 離婚関連業務□離婚協議書の作成□示談書の作成□内容証明郵便の作成□離婚手続に関する作成○自動車関連業務□車庫証明申請□自動車登録申請□出張封印事務□軽貨物事業開始届○建設業許可関連業務□建設業許可申請□事業年度終了報告□経営事項審査□建設業廃業届
 
Copyright(C) 2004 -2016よこやま行政書士事務所 All-Rights-Reserved